青春18きっぷ超旅行術

カテゴリ: 青春18きっぷ

こんにちは。
早いもので2013年冬季の青春18きっぷ利用期間が終わりました。

次は、2014年春季の青春18きっぷ利用期間を待つばかりです。

fc2blog_201312301813474f4.jpg
2013年最後の旅は、稚内に行きました(北東パスですが)

すでに発表されている2014年春季の青春18きっぷですが、
改めておさらいをしておきましょう。

【2014年春季用・青春18きっぷ】
・発売期間
平成26年2月20日(木)~平成 26 年3月31日(月)

・利用期間
平成26年3月1日(土)~平成 26 年4月 10 日(木)

価格:11500円(5回分)おとな・こども同額


もしかすると、2014年夏の青春18きっぷから値上げするかもしれないので、
安く旅をするのであれば2014年春の青春18きっぷがチャンスです。
(せいぜい2,300円程度の値上げかとは思いますが……)

2014年春シーズンの青春18きっぷ旅で注目すべきは、
廃線が決定している北海道の江差線、
廃止となる津軽海峡線の竜飛海底駅、吉岡海底駅、知内駅の3駅。
このうち竜飛海底駅、吉岡海底駅はすでに営業終了をしています。
訪れることが出来るのは、知内駅のみ。
ここは、北海道最南端の駅です。

この駅を訪れるためには、青春18きっぷでもいいですが、
北海道&東日本パスを使うと、よりスムーズに行くことが出来るかもしれません。

ちなみに北海道&東日本パスの2014年春季の
発売期間・利用期間・価格は……

・発売期間
2014年2月20日(木)~2014年3月31日(月)

・利用期間
2014年3月1日(土)~2014年4月6日(日)

■有効期間■7日間

価格:大人 10,000円
   子供 5,000円

以上のようになっています。
利用期間の最初と最後が土日というのがいいですね。
次回の旅はまだ考え中ですが、決まったら発表します。

まあまずは青春18きっぷよりも、
2014年春のダイヤ改正で廃止が決まる寝台特急あけぼのに乗らないと……ですね。

IMG_2845.jpg
いよいよラストです。

こんにちは。

2013年冬の青春18きっぷの利用期間、今日から開始です。

fc2blog_20121215062435061.jpg
去年の冬の青春18きっぷ。この時は八王子で押してもらいました。

とはいえ、平日なのでまだまだ利用してる方は少なめですかね。
昨日も投稿しましたが、一応利用期間と使用方法を
あらためてまとめておきます。

【2013年青春18きっぷ・冬季用】
・発売期間
平成25年12月1日(日)~平成 25 年12月31日(火)

・利用期間
平成25年12月10日(火)~平成 26 年1月10日(金)

価格:11500円(5回分)
おとな・こども同額

注意:「発売期間」は2013年いっぱいまで。
   この期間が終わってしまうと、駅で青春18きっぷの購入が
   出来なくなり、金券ショップやヤフオク等で入手するしかなくなります。

また、2014年春の青春18きっぷについても、すでに発表がありました。

【2014年青春18きっぷ・春季用】
・発売期間
平成26年2月20日(木)~平成 26 年3月31日(月)

・利用期間
平成26年3月1日(土)~平成 26 年4月 10 日(木)


こちらはまだ先ですが、期間はチェックしておきたいところですね。


【青春18きっぷの使い方・簡単なまとめ】
JR全線の普通・快速列車が乗り放題!
その他に、
新夕張~新得(北海道)
蟹田~木古内(青森県・北海道)
青森~新青森(青森県)
宮崎~宮崎空港(宮崎県)のみの
特急自由席(これらの区間をまたがっての利用は不可)
宮島航路
青い森鉄道線の一部が乗車可能
です。

1回分につき2300円で、1日で行ける範囲内であればどこまでも行けます。
また、快速列車ムーンライトながら・ムーンライトえちご・ムーンライト信州81号にも
指定席券を購入すれば乗車することが出来ます。
これらを利用すると、グッと行動範囲が広がります。

【ここ近年での青春18きっぷ変更点】
1.東日本大震災の被災地域を走るBRT(バス高速輸送システム)が
  使えるようになりました。
  気仙沼線(柳津駅 - 気仙沼駅間)と大船渡線(気仙沼駅 - 盛駅間)
  それぞれの区間でバスに乗車できます。

2.奥羽本線の「青森~新青森」間に限り、
  特急の普通車自由席に乗車出来るようになりました。
  (これらの区間をまたいで乗車する場合は別途乗車券・特急券が必要です)

3.青い森鉄道線の「青森~八戸」間、「青森~野辺地」間
  及び「八戸~野辺地」間については、普通・快速列車に
  乗車して通過利用する場合に限り、
  別に運賃をお支払いいただくことなくご利用になれます。


以上がざっくりとしたまとめです。
青春18きっぷの利用術については、

青春18きっぷの利用術18ヶ条。基本からかゆい所までをまとめました

こちらにもまとめてますので、是非ご参照ください。

では今回はこの辺で。今日から1カ月間、良い旅を楽しみましょう。

こんにちは。

2013年冬の青春18きっぷ、早いもので明日から利用期間の開始です。

18kippupu.jpg
これは前のシーズンの18きっぷ。この時はムーンライトえちごに乗車しました。

ここで改めて発売期間・利用期間のおさらいしておきましょう。


【2013年青春18きっぷ・冬季用】
・発売期間
平成25年12月1日(日)~平成 25 年12月31日(火)

・利用期間
平成25年12月10日(火)~平成 26 年1月10日(金)

価格:11500円(5回分)
おとな・こども同額

注意:「発売期間」は2013年いっぱいまで。
   この期間が終わってしまうと、駅で青春18きっぷの購入が
   出来なくなり、金券ショップやヤフオク等で入手するしかなくなります。

また、2014年春の青春18きっぷについても、すでに発表がありました。

【2014年青春18きっぷ・春季用】
・発売期間
平成26年2月20日(木)~平成 26 年3月31日(月)

・利用期間
平成26年3月1日(土)~平成 26 年4月 10 日(木)


こちらはまだ先ですが、期間はチェックしておきたいところですね。


【青春18きっぷの使い方・簡単なまとめ】
JR全線の普通・快速列車が乗り放題!
その他に、
新夕張~新得(北海道)
蟹田~木古内(青森県・北海道)
青森~新青森(青森県)
宮崎~宮崎空港(宮崎県)のみの
特急自由席(これらの区間をまたがっての利用は不可)
宮島航路
青い森鉄道線の一部が乗車可能
です。

1回分につき2300円で、1日で行ける範囲内であればどこまでも行けます。
また、快速列車ムーンライトながら・ムーンライトえちご・ムーンライト信州81号にも
指定席券を購入すれば乗車することが出来ます。
これらを利用すると、グッと行動範囲が広がります。

【ここ近年での青春18きっぷ変更点】
1.東日本大震災の被災地域を走るBRT(バス高速輸送システム)が
  使えるようになりました。
  気仙沼線(柳津駅 - 気仙沼駅間)と大船渡線(気仙沼駅 - 盛駅間)
  それぞれの区間でバスに乗車できます。

2.奥羽本線の「青森~新青森」間に限り、
  特急の普通車自由席に乗車出来るようになりました。
  (これらの区間をまたいで乗車する場合は別途乗車券・特急券が必要です)

3.青い森鉄道線の「青森~八戸」間、「青森~野辺地」間
  及び「八戸~野辺地」間については、普通・快速列車に
  乗車して通過利用する場合に限り、
  別に運賃をお支払いいただくことなくご利用になれます。


以上がざっくりとしたまとめです。
青春18きっぷの利用術については、

青春18きっぷの利用術18ヶ条。基本からかゆい所までをまとめました

こちらにもまとめてますので、是非ご参照ください。

では今回はこの辺で。今日から1カ月間、良い旅を楽しみましょう。

このページのトップヘ