こんにちは。
2013年の旅を振り返る、今回は6月です。

前回はサンライズ瀬戸のシングルの中を色々と写しました。

今回は、シャワールームについて色々と解説をしていこうと思います。

2013 06 12 625
前回掲載しそびれた、シングルに備えられている寝具類(ダジャレではありません。)
これを持ってサンライズ瀬戸のシャワールームへと移動します。
シャワールームを利用するためにまず必要なのがシャワーカード。310円です。

自分の部屋を出て、シャワールームへと向かいます。

2013 06 12 626
この狭い通路がなんとも言えません。

2013 06 12 628
シャワー室入り口。ご案内が書いてあります。

2013 06 12 629
…だそうです。鍵をかけてからシャワーを開始しなくてはならないようです。

2013 06 12 632
ご案内の続き。連続して2枚の使用は出来ない……長風呂の人にはキツイですね。
その前にシャワーカード2枚手に入れるのは難しそうですが。

2013 06 12 631
使う前に濡らしては、いけません。

2013 06 12 633
シャワーを使い終わってから押すボタン。清潔さ、大事ですね。

2013 06 12 634
上で紹介した警告類の右には、ドライヤーが。もはや宿泊施設です。

2013 06 12 637
で、実際のシャワー室はこんな感じ。
この間、より全体がわかるようにパノラマでも投稿しました


シャワーの時間6分間は短く感じますが、
シャワーの出る時間が6分間なので、
1分で髪を濡らして一旦止めて洗髪し、2分で泡を洗い流して、
それから身体を洗って残りの3分でじっくり身体を洗い流せば
割りと時間に余裕を持つことが出来ます。
サンライズ瀬戸に乗る時にはご参考ください。


さて、シャワーを浴びて一眠りしたらもう朝でした。

2013 06 12 646
岡山あたりの車窓。

2013 06 12 648
時たまこのように田園風景に変わったりします。


サンライズ瀬戸を後にするのが名残惜しくなりつつも準備。

2013 06 12 651
通路に出て、ドアのそばで撮影。ぶれぶれです。


2013 06 12 653
そういえば、だいぶ前にグッドデザイン賞もらってたんですよね、サンライズ。

2013 06 12 665

2013 06 12 710
瀬戸大橋も、人生初でした。

そんなこんなでうどん県は高松に到着。


2013 06 12 654
長いようで短い旅でした。


2013 06 12 785
ここからは、観音寺にいる友人と合流するため普通列車で向かいます。


まだまだ6月編、続きます。